びまん性脱毛とは|発毛促進を促すスカルプシャンプーを比較してみよう

発毛促進を促すスカルプシャンプーを比較してみよう

びまん性脱毛とは

レディー

更年期などが原因

女性にとって永遠の願いはいつまでも若く美しくありたいということではないでしょうか。アンチエイジングのためにお肌の手入れや運動などを欠かさない人も多いのです。さらにエイジングケアには髪のお手入れも大切です。更年期に差し掛かると女性は女性ホルモンのエストロゲンが減少してきて男性ホルモンの作用が強くなってきます。エストロゲンは髪を育てる役割を果たしますが、これが減少することにより薄毛になってしまうのです。さらに男性ホルモンのテストステロンが髪に影響して薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。これはびまん性脱毛症と呼ばれ多くの女性の薄毛の原因となっています。びまん性脱毛症はホルモンバランスの乱れのほかにストレスや間違ったヘアケア、生活習慣の乱れなどが原因になることもあります。

様々な発毛法

女性の薄毛治療は発毛を促す内服薬や頭皮に塗布する外用薬などが使われます。ほかにレーザー照射で毛母細胞を活性化させ発毛を促進させる薄毛治療もあります。最近話題になっている薄毛治療がハーグ療法という再生医療です。これは人由来の脂肪幹細胞から作られた様々な種類の成長因子を毛根に注射する治療です。これにより毛母細胞を活性化させて髪の成長を促進することができます。また細くコシが無くなっていた髪が太くボリュームのある髪に生まれ変わります。ハーグ療法は薄毛治療の中でもかなり効果の高いものだと言われます。認定された医療機関で治療を受けることができますが、どのクリニックでも90%以上の確率で髪が生えると言われます。